×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

口臭の原因と対策TOP > 口臭 > 口臭 原因と種類

口臭 原因と種類について

 
口臭の原因と種類とは?

口臭を気にしている人はとても多いと思います。

自分の臭いはなかなか自覚しにくいものですがある瞬間に、
もしかして、自分には口臭があるんじゃないかと思うことも少なくないはず。

周りの人との会話中に相手の口臭が気になることもありますよね。

口臭が気になり始めてしまうと、どんなに話が楽しくても話していること自体が
苦痛となってしまう事もあります。

口臭の原因

主に、口腔の細菌や唾液の分泌量、食べカスなどが原因になることが多いです。

また、歯みがきをしていても口臭が改善されない場合は、
他の病気が口臭の原因となっていることも考えられるでしょう。

口臭の種類

口臭にも種類がいくつかあります。

・生理的口臭

自然な口臭で誰にでもあります。
特に、起床直後に口臭を感じる人は多いです。

生理的口臭は

・緊張して唾液の量が減少
・空腹時


などに発生する可能性が高くなるでしょう。

でも、食事をしたり、歯磨きをすると口臭は改善されます。

・食べ物による口臭

よくある口臭が食べた物や飲んだ物によって発生する口臭。

例えば、

・ニンニクやネギ
・お酒やコーヒー
・タバコ


などが原因の口臭です。

最も問題になる口臭は、病的な口臭です。

・病的な口臭

この場合は歯磨きをしても改善しませんし、
原因がわかっても改善するまでに時間がかかるでしょう。

口臭の原因となる代表的な病気には、

・虫歯
・歯槽膿漏


などの口の中の病気があります。

その他にも、

・鼻や喉の病気
・肝臓の病気
・胃腸の病気
・糖尿病


なども、口臭の原因になります。

歯みがきをしても口臭が消えない場合には早めに対策を考えましょう。